http://taearc.blog32.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

taearc

taearc

Author:taearc
先先代犬のリッキーが18歳で亡くなり、その後ジローが20歳で空へ。でもそんな寂しさを補うにも余りあるさくらとたんぽぽ(共に保護犬)が実家と我が家へ太陽の様に明るく笑いの絶えない毎日を与えてくれています^^
そんな毎日をお届けできたら・・・♪

さくら

CIMG5893.jpg


生後80日で保護犬としてやって来たさくらちゃん
来て4日目にパルボに罹患したけど先生もビックリの復活劇^^
すくすくと成長して今やオテンバ娘として実家に笑いをもたらしてくれてます♪

たんぽぽ

CIMG6940-crop_20130119233758.jpg


崩壊ブリーダーから救出された母ワンコのお腹にいたたんぽぽちん
施設で育ち10カ月の時に我が家へやって来た愛娘
鳴く事も騒ぐ事も殆ど無い心優しいワンコとして
大人4人の我が家に平和と安らぎと癒しをもたらしてくれてます♪

ジローくん

P1240433-1_20130119234809.jpg
おおよそ半年くらいの時に迷い込んで来た
放浪犬出身のジロー君
それから20年、家族を守り癒しを与えてくれ続け 平成23年2月3日お空の星となりました
ありがとうジロー君(享年20歳)

リッキー

P1000071-1.jpg
実家工場の番犬として生後半年でもらわれて来たリッキー君
みかけが黒くて怖がられてる事が多かったけどとっても甘えん坊で可愛かったリッちゃん
私がお嫁に行くのを見届けて平成20年1月15日
お空の星となりました。
今でも心に生きてるよ♪(享年18歳)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

M字倶楽部会員だよん♪


カワまちゅげ隊入隊しました♪

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

INSTAGRAM @taearc777

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

gremz

365ブログパーツ

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

はいけい、にんげんの皆さま。

がんばっぺ東北!

旅行ブログ

姫路旅行記1を掲載してもらってます

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.08.12/ 00:07(Thu)
こんばんは、代筆者こと taearc です 

前々回の ジロー君のエントリー 記事に沢山の応援ポチと

沢山のコメントを頂きありがとうございました♪

一つ一つにコメントをお返しできなくってごめんなさい。。。

この歳で慣れない学校での座学や通学でマグロの私もヘロヘロです^^;

ヘロヘロになった理由は週末のお出かけにも会ったのですが

それはまたご報告させていただくとして・・・。

まずは ジロー君のエントリー に頂いたコメントについて

少々解説をさせて頂こうと思います 






まずは 健斗の母さん から頂いた名前の由来 

『シロさんに助けられたから、ジローくんなのぉ??』について☆

ジロー君の名前はね、・・・。

これ暴露したらジロー君から名誉毀損で訴えられそうなんだけど・・・。

まぁ、いいか(笑)!

ジロー君てば我が家にやってきた当初から、柴犬特有のアーモンド型の目

それよりももうちょっと小さかったかな。

その小さな目をしたお顔が 坂上次朗さんにそっくりでね(ぷぷっ)

で、ジローさん と私が命名しちゃいました~ 

シロさんから貰ったお名前じゃないんですよ^^

P1240493_20100812000029.jpg







次は グミさん から頂いた 

『ジロー君、放浪犬とは知ってましたが1歳にもならなかったんですね』

こちらについてですが、私達もジローの年齢は分からなかったんです。

でもシロさんからお乳が出るって事は 大人ではない はず!

ならば生後半年から一年未満の子だろうなって推測した次第です^^;

でも、この時で既に1歳以上だったら今ジローは20歳過ぎ!

これもスゴイな~と思っちゃう 

P1240513.jpg








最後になりますが Michyさん から頂いた

『ジロー君が元放浪犬とは知っていたけど、シロさんに

助けられたとは知りませんでした。』 について。。。

はい、ご存じないと思います。

シロさんについては今まで一度もここでお話しした事がありませんでしたから。








シロさんについて私達家族の非情な所業を書かなくてはなりません。

シロさんは元々と言うか根っからの放浪気質のある子で

首輪をされてつながれる事を頑なに拒む子でした。

でも、人が大好きで天真爛漫のそれは可愛い子でね。

いつも工場の周りのどこかでじっと家族の仕事を見てて

リッキーとジローの散歩になると周りをすったかすったか走り回って

一緒にお散歩しておりました。

ワシャワシャと騒がしいくらい纏わりついてくるけどそれも可愛くて

大好きだったんです。

それが、ある日工場へ行くとシロさんがいないんです。

あちこち探してもいなくて、父に聞くと車に乗せて遠くの山に

捨ててきたっていうんですよ!

今でもその場面を思い出すと父に対しての怒りとシロへの申し訳なさで

胸が締め付けられて涙が出て止まりません。

どのに捨ててきたかも言わない父にどれだけ汚い言葉でののしったか。

首輪も名前も書いてない子を当てもなく探せず、写真も無かったので

張り紙も出せず、ただただ悔いの気持ちばかりが募っていました。

ところが、シロは数ヶ月かけて帰ってきたんです!

ボロボロの体になって。。。。

生きる為に色んな物を食べてきたのでしょう。

お腹の中には奇成虫が巣食いガリガリにやせ細って

一生懸命戻ってきたのに程なく虹の橋を渡ってしまいました。

なんで直ぐに病院へ連れて行ってやらなかったんだろう。。。

なんで直ぐに探しに行ってやらなかったんだろう。

いなくなって10年以上たつのに心にずっと棘となって残ってるんです。

私達家族は父が脳梗塞になって倒れた時、悲しみ苦しみましたが

どこか冷めた場所で、当然の報いだ! と言ってる自分がいたんですよね。

自分ながら恐ろしい。

父が倒れて直ぐに リッキーが前提疾患で倒れて次いでジローも。

ワンコ達は父がこれ以上酷くならない様に自分達が代って病気を

貰ってくれていたんだって家族やお医者様が言うんです。

私もそうだと思います。

でも、アレだけシロさんに酷い行いをしている父をどうしてこの子達は

優しくしてあげられるんだろう。

もしかしてシロさんがもういいよって言ってくれたのかな。

シロさん、ゴメンね。

本当にゴメンね。。。

そしてありがとうね。

父を助けてくれてありがとう。

ねっ、シロちゃん!

もしお父さんが虹の橋を渡っていったら、思いっきりお尻を咬んでやってもいいからね^^

私がそこに行ったらまた皆で散歩しようね♪

それまで待っててね!














やっとシロさんの事を話せました。
皆さんにはシロさんがどうやって死んだのか より
如何に可愛くって優しいワンコだったかを
知ってて貰いたかったんです。
そして私は。。。
酷い行いをした父ですが大好きです。
でもその行いだけは絶対許せません。


ランキングに参加しています。
ポチッと一つ応援お願いします 

jirotosakura[1] 
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(10)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: 代筆者のぼやき
 
Comment
 

そうか・・・taearc さんの、お父さんとの確執の原点はココにあったんですね。
書いてるあいだも泣いてしまったことでしょう。
私なんて、実家で外飼いしてたってだけで後悔してるのに・・・
シロちゃんが戻ってきたのがせめてもの救いですね。
きっと安心して虹の橋渡ったと思いますよ。

NAME:もじ子 | 2010.08.12(木) 12:40 | URL | [Edit]

 

シロちゃんのことお辛かったでしょう。
シロちゃんが戻ってきたってことは、きっとお父さんのことも許してるんですね。酷い人と恨んでるんなら、きっと帰ってきませんよ。大好きなtaearcさん、リキ君、ジロー君に会いたくて帰って来たのだと思います。

NAME:nonkimama | 2010.08.12(木) 14:31 | URL | [Edit]

 

お久しぶりです。
シロちゃんのこと、このブログに綴るのは
勇気が必要だったでしょうね。
罪を憎んで人を憎まずと言いますよね。
お父さんの事、大事にしてあげてくださいね。

私は以前、実家で柴犬を飼っていました。
私と妹がどうしても飼いたくて飼いはじめたのに、
いつの間にか世話は全て親まかせになっちゃって。
ちいを迎えてから、どうしてもっと愛情をもって
接してあげなかったのかと後悔の毎日です。
今はその子には何もしてあげられないから、
ちいに愛情を注いであげようと考えています。

NAME:ちいちゃんママ | 2010.08.12(木) 18:23 | URL | [Edit]

 

シロさんのお話、胸が痛みますね。
でも戻ってきたシロさんを見て、
お父様も後悔なさったのではないでしょうか。
犬や猫が家族の病を肩代わりするという話、
私も何度か耳にしたことがあります。
もちろん非科学的な話ではありますが、
私はそういうこともありうるのではないかと思っています。

NAME:さと | 2010.08.12(木) 20:08 | URL | [Edit]

 

シロさん,お父様を許していたんですよね,きっと。
本当に犬って素直ですね。
シロさんは最後にTaearcさんに再会できたし,
御家族のみなさまに再会できたので
安らかに虹の橋を渡ることができたのでじはないでしょうか。

NAME:どんぐり | 2010.08.13(金) 07:23 | URL | [Edit]

 

シロちゃん

想いはこんなにいっぱいあったのに
その時の自分には、守ってあげることが出来なかった・・・
taearcさんの、ぬぐうことのできない心の痛み悔しさが・・
今までずっと心にあったなんて・・・どんなにかお辛かったでしょう。

でもシロちゃんは、帰ってきてくれた!
それこそが全てです。
どうぞお父さまのことも、ご自身のことも
もうこれからは責めるなんてことは
しないでくださいませね。
シロちゃんは、最後に大好きな家族のもとに、
戻って来れたんですもの。
帰って来れたんですもの。
どんなにか幸せな気持ちで旅立てたことでしょう。

そして、お父さまのことも、
どうぞどうぞ許してあげてくださいませね。
お父さまも気が付かないうちに
そのことできっと悔い、ご自身を責めていらっしゃると思います。
taearcさんが、心から許してあげることで
お父さまのご病気もきっと良くなるはずです。
人は弱いものです。
愛する娘から、愛されていないことをとても寂しく思っているはずです。

ワンコたちは、飼い主を、可愛がってくれた人たちのことを
何があっても恨むことなどはないと思います。
ただただ、今、この瞬間を愛してくれたらそれだけで、
とても幸せなんだと思います。
シロちゃんは、その熱い想いだけでおうちに帰ってきてくれたのです。
シロちゃんはtaearc さんのご家族のことだけを想い続けて
迷いながらも帰ってきてくれたのです。
許すも許さないも、そこには無くて・・
シロちゃんは、おうちに帰れてほんとうに幸せだったのです。

taearcさんのシロちゃんへの想いは、
だからこそジローくんに、さくらちゃんに
溢れるほどの愛を注ぐことができるんだと思います。
シロちゃんはtaearcさんのお心に
これからもずっとずっと温かく寄り添ってくれると思います。

NAME:さくらmama | 2010.08.13(金) 09:36 | URL | [Edit]

 

胸のつかえが…

こうやって書くことで取れたらいいなぁ。
お父様を許せないって思うお気持ち、わかります。
なかなか飼えない環境だったのでしょうし、処分するには
忍びなかったのだと思います。
思いますが…taearcさんの気持ちはよ~く、よ~くわかります。
シロさん、長い月日をかけて戻ってきたのがまた切ないですね。
taearc家が大好きだったのでしょう。
シロさんはお父さんのこと恨んだりしていないと思います。
ただひたすら大好きな人たちに会いたかったのだと…
いかん…泣けてきた。
だから最後にまた会えて喜びの中で虹の橋を渡って行ったんですよ。
辛い話をありがとう。
心の重荷を下ろしてくださいね。

NAME:Michy | 2010.08.13(金) 23:59 | URL | [Edit]

 

ご返事です♪

コメントをありがとうございました!
皆さんの温かいコメントで救われた気持ちになりました。
シロは戻ってきてくれた事でちゃんと気持ちを表してくれてたんですね。
許すも許さないも、シロはただ家族に会いたかった一心で
命をかけて戻ってきてくれたんですね。
シロの気持ちにこたえるためにも、ジローとさくらを
今まで以上に大切にしていこうと思います。

父の事も許せない気持ちはありますが大切な父です。
我が侭で本当に世話の焼ける父ではありますが
これまでと同様、親孝行していこうと思っております。

NAME:taearc | 2010.08.14(土) 00:26 | URL | [Edit]

 

シロさんの話 似たような経験を私もしました。
兄が教育実習に行った小学校で見付けた捨て犬を、何と兵庫から静岡の実家へと送って来ました。
雑種の中型犬でした。
しばらく家で飼っていたのですが、私が学校から帰ったある日の事、突然いなくなりました。
母に聞いたら、「職人さんに頼んで隣町に捨てて来てもらった」との事でした。
半年ほど経ったある日、汚れ果てた姿で戻って来たその子を見つけた母は「ここはもうあんたの家じゃないんだよ、どこかに行きな」と声を掛け、そのままいなくなったそうです。
母の冷たさを責めながらも、友達と遊ぶのが楽しくて、犬の世話をしなかった自分が悪かったのだと反省しました。
その時の思いが、さくらを飼うきっかけになりました。
同じ思いを2度と犬にさせないように、さくらを生涯愛そうと心に誓っています。
ジロー君とさくらちゃんは、シロさんの分まで大事にされて幸せなワンコたちだと思います。

NAME:さくらかあちゃん | 2010.08.14(土) 22:01 | URL | [Edit]

 

はじめまして
シロさんだけが捨てられた理由はわからないのですが、きっと帰ってきた姿を見た時にお父様は後悔なさったと思います
私たちの親世代は後悔しても口に出して謝りませんがきっと心では思っておられたと思います
だから犬たちもお父様を必死に守ったのでしょう
犬とはけなげな生き物です
その心を見習わなければと思った事が何度もあります
人間の煩悩は大晦日にだけ108とっても足りないほどです

NAME:tokuko | 2010.08.16(月) 16:40 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 SIBA's ジローとさくらとたんぽぽ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。