http://taearc.blog32.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

taearc

taearc

Author:taearc
先先代犬のリッキーが18歳で亡くなり、その後ジローが20歳で空へ。でもそんな寂しさを補うにも余りあるさくらとたんぽぽ(共に保護犬)が実家と我が家へ太陽の様に明るく笑いの絶えない毎日を与えてくれています^^
そんな毎日をお届けできたら・・・♪

さくら

CIMG5893.jpg


生後80日で保護犬としてやって来たさくらちゃん
来て4日目にパルボに罹患したけど先生もビックリの復活劇^^
すくすくと成長して今やオテンバ娘として実家に笑いをもたらしてくれてます♪

たんぽぽ

CIMG6940-crop_20130119233758.jpg


崩壊ブリーダーから救出された母ワンコのお腹にいたたんぽぽちん
施設で育ち10カ月の時に我が家へやって来た愛娘
鳴く事も騒ぐ事も殆ど無い心優しいワンコとして
大人4人の我が家に平和と安らぎと癒しをもたらしてくれてます♪

ジローくん

P1240433-1_20130119234809.jpg
おおよそ半年くらいの時に迷い込んで来た
放浪犬出身のジロー君
それから20年、家族を守り癒しを与えてくれ続け 平成23年2月3日お空の星となりました
ありがとうジロー君(享年20歳)

リッキー

P1000071-1.jpg
実家工場の番犬として生後半年でもらわれて来たリッキー君
みかけが黒くて怖がられてる事が多かったけどとっても甘えん坊で可愛かったリッちゃん
私がお嫁に行くのを見届けて平成20年1月15日
お空の星となりました。
今でも心に生きてるよ♪(享年18歳)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

M字倶楽部会員だよん♪


カワまちゅげ隊入隊しました♪

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

INSTAGRAM @taearc777

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

gremz

365ブログパーツ

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

はいけい、にんげんの皆さま。

がんばっぺ東北!

旅行ブログ

姫路旅行記1を掲載してもらってます

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.05.22/ 02:57(Sat)
こんばんは、代筆者こと taearc です 

今日の暑さはなんですか?!

真夏並の暑さでしたねぇ。。。

確か先週あたりは遅霜に注意とか言っていたのに

この気温の変化はちょっと辛いですね 








さて、タイトルの さくら病院へ行く ですが、

そんな大層な事ではないんですよ^^

毎年初夏から秋にかけて さくらはカイカイが出るんです。

PAP_0498-crop.jpg

黄色い円の所、ハゲてるでしょう 

これが両手両足になっているんです 

今回、諸事情あって忙しくてなかなか病院へ連れて行けず

ハゲ具合が進んでしまい、やっと連れて行くことが出来たんです^^;

併せてフィラリアの薬と狂犬病の予防接種とジロー君の

往診も頼んできました♪






さくらは耳掃除と初体験の肛門絞りもしてもらいました!

お耳も綺麗だし、肛門線は自然と出しているようで問題無し^^

ただ体重が8.8kgとさくら犬史上最重量になっていて

ちょっと落とすようにとご指導いただいてしまいました^^;

P1220096.jpg

さくらと私 一緒にダイエットに励みたいと思います!

肛門絞りの時は 『ヒーンッ!』 って泣いちゃったんだよね 











昨日の記事へ書いたジロー君の足ですが。。。

P1220243.jpg

こんな感じになっています。






黒く写ってる所は 爪を剥いで以来舐めてタコの様になってしまっています。

でも見た感じでは怪我をしている様子もなく

P1220231-crop.jpg





触っても痛がらないので大丈夫だと思います 

P1220237_20100522021332.jpg

後は来週、狂犬病の予防注射の往診に来てもらった時に

手の様子も見てもらって、必要なら病院へ検査に連れて行こうと思います 







そうそう、さくらが診察を受けてる時の事です!

かかり付けの病院は診察室が3つあり、割とオープンな診察室でね。

さくらの診察室の隣は手術室になっていて、ガラス張りなんです。

で、その部屋は今まさにワンコさんのお腹を開こうとする所だったの!

先生に聞くとそのワンコさん、重度の子宮蓄膿症だとか。

私と母とさくらは、見たくないけどつい見ちゃう的な

反作用状態の中で見てしまったんです!!

摘出された臓器を・・・ 

あんなにパンパンに膿が溜まってしまってたなんて、どんなに辛かっただろう。

手術は無事に成功したそうですが、入院加療になるそうです。

先生から、子宮蓄膿症について聞いて来ました。

子宮蓄膿症はシニアと言われる7歳以降の高齢犬がかかる病気で

避妊手術をしていない子がかかりやすいそうです。

症状として、水をたくさん飲むようになる が信号だそうです。

そして ぐったり し始めるのだそうですが ぐったりになると

症状は大分進んでいると考えられるとの事です。

また、初ヒート前に避妊をすると発症率が0.2%まで低く

なるのが 乳腺炎(腫)で、初ヒート後で20%まであがり

3度目以降では手術をしてもしなくても確立は変わらないとの事でした。

ワンコの病気を考えるならば、初ヒート前の避妊をすべきなんですね。

さくらは 『ワンコの体力面から考えると1歳頃が良い』

とのブリーダーさんからの助言で初ヒート直後の避妊でした。

さくらの命は私達が預かっていると言っても過言じゃありません。

責任持って細かな違いも見落とさないようにしなくては!

















ランキングに参加しています。
ポチッと一押し応援お願いします 

jirotosakura[1] 
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(7)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: 代筆者のぼやき
 
Comment
 

肛門絞りは、さくらちゃんより、老犬のジローくんの方が必要かもね。
若い頃は、う○ちをするとき、自然と出るけど、
年をとって、お尻の力が弱くなると、出にくくなるんですって。
らんも病院行くと見てもらいます。
前回は、堅くなってました。
手術室が丸見えなの~!
らんも14歳でその病気になりました。
夏だったから、いつもの夏バテと思っていました。
そのうち、目ヤニが酷くて、目があけにくくなってしまい、
病院に連れて行った所、病気を発見。
手術をしたら、目ヤニもなくなりました。
毎日、ワンコの観察は必要ですね。

NAME:らんママ | 2010.05.22(土) 14:04 | URL | [Edit]

 

さくらちゃもカイカイが出るんですね。
家も出ました。急に暑くなったりしたから良くないですよね。
ジロー君の足も、酷くないと良いですね。往診してくれるのは助かりますね。
避妊手術は賛否両論ですが、家は、初ヒート前、
7ヶ月の時にしました。小さいのに痛い思いさせちゃってとその時は、
後悔したんですが、今は、それで良かったと思ってます。
命を預かってるという責任感を持っていつも健康に配慮してあげたいものですね。

NAME:nonkimama | 2010.05.22(土) 14:46 | URL | [Edit]

 

さくらちゃんお疲れ様。
幼獣さくらちゃんも、肛門腺絞りには勝てなかったのね!

わんこの病気も色々ですね!
さくらは、仔犬の頃病気をしていたので、避妊手術をしないままですが…。
知らないって…怖いですね!
さくら、気を付けなくっちゃ!!

NAME:さくらママ | 2010.05.22(土) 18:53 | URL | [Edit]

 

さくらちゃん、病院おつかれさま。
肛門絞りないちゃったか。
自然に出るのは楽で良いですよね。
ジロー君の足も往診してもらえるとか!!
よかった。とほっとしました。

NAME:いくこ | 2010.05.22(土) 22:18 | URL | [Edit]

 

さくらちゃん、カイカイが出てしまうんですね。
痒いのはとても辛いので、あまり気にならないで
暑い時期が過ぎるといいなって思いますね。
避妊手術、賛否両論って感じですが、ももは
6か月の時にしてしまいました。
子供を産ませる事を考えていなかったので
後々の病気の事を考えて。
水を大量に飲むのは危険信号なんですね。
クッシングシンドロームも大量に水を飲むので
普段から、ワンコの様子をしっかり見る事で
病気の早期発見にもなるのですね。

NAME:youzi | 2010.05.22(土) 22:29 | URL | [Edit]

 

思いがけずすごい場面に遭遇しちゃい
ましたね。
気の弱い人なら気絶しちゃうかも。
さくらちゃんのカイカイも、そのワンコの
術後の経過も良い方向に向かう事を願って
います。
ウチは獣医さんにその話しを聞いていたので
生後6ヶ月で避妊手術を受けさせました。
でも、油断大敵。
その他の病気も含めて常に注意しておかな
いといけませんね。

NAME:Michy | 2010.05.23(日) 18:55 | URL | [Edit]

 

ご返事です♪

こんばんは&いらっしゃいませ♪
避妊手術は色んなご意見がありますよね。
全ての方がワンコの為としてするしないの選択を
悩まれていると思うのですが、ワンコをタダの番犬としてしか
見ていない人達は全く考えせず知らないうちに妊娠してたって事も後が絶たないです。
ワンコを飼う、と言う言い方ではなく
ワンコと暮らすとの考え方をすれば自ずとワンコの為どうすべきか
避妊しない時・避妊する時 の対処を是非考えてもらえたら・・と思います。
そうすれば殺処分などと言うものも少なくなって来るのに。

ワンコの水分の取り方を観察するとどんな体の常態かを
知る事が出来るようですね。
何気ない日常もチェックは欠かさない事が病気にならない秘訣ですね。

NAME:taearc | 2010.05.27(木) 00:55 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 SIBA's ジローとさくらとたんぽぽ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。