http://taearc.blog32.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

taearc

taearc

Author:taearc
先先代犬のリッキーが18歳で亡くなり、その後ジローが20歳で空へ。でもそんな寂しさを補うにも余りあるさくらとたんぽぽ(共に保護犬)が実家と我が家へ太陽の様に明るく笑いの絶えない毎日を与えてくれています^^
そんな毎日をお届けできたら・・・♪

さくら

CIMG5893.jpg


生後80日で保護犬としてやって来たさくらちゃん
来て4日目にパルボに罹患したけど先生もビックリの復活劇^^
すくすくと成長して今やオテンバ娘として実家に笑いをもたらしてくれてます♪

たんぽぽ

CIMG6940-crop_20130119233758.jpg


崩壊ブリーダーから救出された母ワンコのお腹にいたたんぽぽちん
施設で育ち10カ月の時に我が家へやって来た愛娘
鳴く事も騒ぐ事も殆ど無い心優しいワンコとして
大人4人の我が家に平和と安らぎと癒しをもたらしてくれてます♪

ジローくん

P1240433-1_20130119234809.jpg
おおよそ半年くらいの時に迷い込んで来た
放浪犬出身のジロー君
それから20年、家族を守り癒しを与えてくれ続け 平成23年2月3日お空の星となりました
ありがとうジロー君(享年20歳)

リッキー

P1000071-1.jpg
実家工場の番犬として生後半年でもらわれて来たリッキー君
みかけが黒くて怖がられてる事が多かったけどとっても甘えん坊で可愛かったリッちゃん
私がお嫁に行くのを見届けて平成20年1月15日
お空の星となりました。
今でも心に生きてるよ♪(享年18歳)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

M字倶楽部会員だよん♪


カワまちゅげ隊入隊しました♪

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

INSTAGRAM @taearc777

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

gremz

365ブログパーツ

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

はいけい、にんげんの皆さま。

がんばっぺ東北!

旅行ブログ

姫路旅行記1を掲載してもらってます

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2010.03.30/ 23:56(Tue)
こんばんは、代筆者こと taearc です 

さっきyahooネットニュースを見ていたら心温まる記事があったので

ちょっとご紹介したいと思います^^





タイトルは。。。 

『迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高一のメールが救う』

(記事の内容は こちら をご覧下さい)

ひき逃げされたワンコを救出したにもかかわらず、飼い主が現れなかったら

2週間後に殺処分されてしまう事を知った救出した高校生が

みんなの輪で飼い主さんを探してギリギリで間に合ったと言う内容。

P1210163.jpg






この行動に感動と賛同と敬意を表したいと思いますが

この殺処分で多くのワンコやニャンコが殺されている事を知った

飼い主さんもまたボランティアとして活動を始めた事も

とても嬉しく、頼もしく思います。

P1210165.jpg






私もさくらを貰いうける時色々と調べて初めて殺処分の現実を知りました。

さくらはブリーダーさんが売り物にならないからといって

無償譲渡された子です。

(ジロー君は放浪犬でした。そりゃ汚いワンコだったんですよ^^;)

さくらのように保健所に持ち込まれずネットを通して貰われて行く子は

数少ないでしょう。

P1200668-crop.jpg






そして里親募集記事を見て ブリーダー放出の為 と言う子の

なんて数多くいる事でしょう。

それ以上多く 飼い主さんの手によって持ち込まれる子達。

ガス室に送られる子達のあの姿を持ち込む人たちは知ってる?

きっと知る由も無いでしょうね。

もっと多くの人にこの現実を知ってもらいたい。

そんな可哀相な子達が一頭でも減る為に私も一歩進もうと思っています。

小さな 本当に小さな私の力ですが役に立てればいいな。。。







 

ブログ友達の  かぼすちゃんとおさんぽ。 のかぼすママさんが

動物愛護センターでのボランティアをして

動物達の様子を詳しく書かれています。 (記事は こちら )

一人でも多くの人が子の記事を読んで ワンコ達がどんなに苦しんで

死んでいくかをじかに知ってもらいたいです。

そして一人でもいいので考えを改めてくれたら。。。















ランキングに参加しています。
ポチッと一つ応援お願いします 

jirotosakura[1] 
スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(8)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: 代筆者のぼやき
 
Comment
 

ハママもその記事読みましたよ。
アイちゃん(・・だったっけ?)は
本当にいい人に保護されました。
ひいて放置したドライバーには怒り心頭です。
ハママも今日は頭の中が
かぼママさんのブログ記事でいっぱいでした。

NAME:ハママ | 2010.03.31(水) 00:20 | URL | [Edit]

 

ジロー君もさくらちゃんも、保護犬なんですね!
とってもいい人に出会えて、とっても幸せな子たちですね!
でも、幸せに成る子はほんの一握りなんですよね!
保護センターって、何を保護しているんでしょうね?

NAME:さくらママ | 2010.03.31(水) 10:12 | URL | [Edit]

 

心優しい、高校生達にはホッとしましたが・・・・・
動物愛護については、先進国の中では、最低の日本。
政治の貧しさを感じます。
まず、安易に動物を飼えないようにすることや、
飼った以上その子を一生引き受ける覚悟のある人のみ
飼えるようにと徹底しないと駄目ですね。
処分ゼロになること、一度飼った動物を捨てる人がゼロになる日が
来ることを願わずには居られません。
ジロー君もさくらちゃんも良い人に出会って幸せ者ですね。

NAME:nonkimama | 2010.03.31(水) 10:57 | URL | [Edit]

 

本当に素敵な話ですね!
私も保健所で働いていた際、飼い主から持ち込まれるワンコたちを
数多く見てきました。捕獲車の檻に入れられた犬達の悲痛な叫びは
未だに忘れることができません。
さくらちゃん、ジローくん、本当に素敵な飼い主さんに出会えて
幸せだと思います。こんな風に愛してくれる飼い主がいる傍らで
平気で処分してくれと持ち込む飼い主・・。
こんな悲しい現実がなくなる日が本当に来て欲しいと切に願います。

NAME:すべママ | 2010.03.31(水) 17:34 | URL | [Edit]

 

私もどんママとこの記事を読んでいました。
本当に感動的なお話ですよね。

さくらちゃんとジロー君は保護犬だったんですね。
知ってはいましたが,
面影がなくて・・・
本当に幸せそうに暮らせて,ふつうに暮らすことが
幸せなんですよね。

NAME:どんぐり | 2010.03.31(水) 18:53 | URL | [Edit]

 

私もこの記事読んで感動しました!
高校生の強い気持ちが、仲間のつながりが素晴らしかったですね。
もう二度と飼い主さんから離れる事なく、幸せに暮らして欲しいです。
ジロー君も、さくらちゃんも今は幸せいっぱい^^
さくらちゃんは taearcさんとゆうたまさんと暮らせれるのよね。
楽しみだね。

NAME:ちょも母 | 2010.03.31(水) 23:10 | URL | [Edit]

 

見ました!

このニュースはほっとしながら読みましたが・・・
飼い主さんがノーリードの常習犯じゃないことを願うばかり。。。

ブリーダー崩壊のニュース、”業者”ってイメージがあるけど、
個人の犬好きが高じて繁殖を繰り返した主婦が病気で倒れて、
とかも多いんですよね。
交配には何の規制もないからなぁ・・・
taearc さんのお友達の繁殖した方は仔犬の里親見つけられましたか?

NAME:もじ子 | 2010.04.01(木) 13:04 | URL | [Edit]

 

ご返事です♪

こんにちは&いらっしゃいませ♪

高校生の勇気と仲間の暖かさに心打たれましたが
それ以上にその高校生が怪我を負ったワンコを助けた行為自体も凄い事ですよね。
傷ついたワンコは自分を守ろうと気が荒くなってるはず。
そんな子をどうやって救ったんだろうって。。。
本当に優しく勇気ある行動だなって改めて感動です。

うちの子たちも ジローは多分生後半年くらいの時放浪していて居ついちゃった形^^;
あまりにずっと居るので1週間位でうちの子にすることに決定しました。
さくらは生後40日くらいでネットに掲載されて直ぐに応募して80日でうちの子になりました。
子犬だったからなお更お互いがなじみ易かったのでしょうが
成犬のワンコでももじ子さんちのマルしゃん・ミャーチン・マッコイ君を(私が知ってる方の中で)代表に
沢山のワンコが愛情一杯に暮らしています。
ペットショップから来る子だけがワンニャンじゃないって事を
もっと多くの人に知ってもらえる事を願います。。。

友達の所の生まれたワンコも結局手放せてくて自分ちで合計ワンコ3頭とそりゃ楽しく暮らしています^^
お母さんワンコも避妊して他のワンコ男の子も去勢して自家繁殖はもう出来なくなりました。
色んな愛情の形があると思いますが、今にも消えてしまいそうな命から救える人に、そんな行為である殺処分や乱繁殖がなくなる国になって欲しいと思います(というか変えていきたいなぁ)。

NAME:taearc | 2010.04.02(金) 08:34 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
 
Copyright © 2017 SIBA's ジローとさくらとたんぽぽ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。