http://taearc.blog32.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

taearc

taearc

Author:taearc
先先代犬のリッキーが18歳で亡くなり、その後ジローが20歳で空へ。でもそんな寂しさを補うにも余りあるさくらとたんぽぽ(共に保護犬)が実家と我が家へ太陽の様に明るく笑いの絶えない毎日を与えてくれています^^
そんな毎日をお届けできたら・・・♪

さくら

CIMG5893.jpg


生後80日で保護犬としてやって来たさくらちゃん
来て4日目にパルボに罹患したけど先生もビックリの復活劇^^
すくすくと成長して今やオテンバ娘として実家に笑いをもたらしてくれてます♪

たんぽぽ

CIMG6940-crop_20130119233758.jpg


崩壊ブリーダーから救出された母ワンコのお腹にいたたんぽぽちん
施設で育ち10カ月の時に我が家へやって来た愛娘
鳴く事も騒ぐ事も殆ど無い心優しいワンコとして
大人4人の我が家に平和と安らぎと癒しをもたらしてくれてます♪

ジローくん

P1240433-1_20130119234809.jpg
おおよそ半年くらいの時に迷い込んで来た
放浪犬出身のジロー君
それから20年、家族を守り癒しを与えてくれ続け 平成23年2月3日お空の星となりました
ありがとうジロー君(享年20歳)

リッキー

P1000071-1.jpg
実家工場の番犬として生後半年でもらわれて来たリッキー君
みかけが黒くて怖がられてる事が多かったけどとっても甘えん坊で可愛かったリッちゃん
私がお嫁に行くのを見届けて平成20年1月15日
お空の星となりました。
今でも心に生きてるよ♪(享年18歳)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

M字倶楽部会員だよん♪


カワまちゅげ隊入隊しました♪

リンク

このブログをリンクに追加する

Twitter

INSTAGRAM @taearc777

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

gremz

365ブログパーツ

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

はいけい、にんげんの皆さま。

がんばっぺ東北!

旅行ブログ

姫路旅行記1を掲載してもらってます

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2008.07.13/ 23:51(Sun)
こんばんは、代筆者こと taearc です 
昨日の日記に リッキー の元気だった頃の写真を
載せたら なんかとてもリッキーが懐かしくなったので
今日は リッキー の介護の時の日記にします 

***********************

一部患部の接写などがあります。
苦手な方もいらっしゃると思いますので
ダメかもって思われる方はご覧にならないで下さい。

***********************





リッキーは16歳の時、病気になりました。
病名は 前庭疾患。
目がグルグル回って、ひどい眩暈のような船酔いな状態。
症状が良くなっても 左右どちらかに首が倒れる
後遺症が残ったりします。
リッキーは工場で一人留守番の子で、工場の職員が出勤して
リッキーの様子がおかしいのを見つけて急いでかけつけました。

P1000047.jpg






工場に行くと目はクルクル回って、よだれをダラダラと流し
これはただ事ではないと一目で分かりました。
即病院へ行き、先生に見せた所、前庭疾患と分かりました。
一般的に、老犬に多く見られる病気らしいです。





船酔いのような状態な為、ご飯を食べても戻してしまうので
目のグルグルが良くなるまで毎日点滴をうちに通いました。
その病気を2回してから
一気にリッキーは老け込みました。




晩年は、今さくらが使ってるお外用のサークルがリッキーの
昼間のおうちでした。
いつも一人その中でグルグル回っては疲れて座り込み
また、グルグル回ると言う生活を続けていました。

P1010312_convert_20080529210532.jpg






ウンチの感覚もなくなってしまいグルグル回っては
ウンチを踏みつけ、母は毎日ウンチとリッキーの
世話で疲れ果てていました。
折りも折、父も倒れて療養中でしたので
母の疲れはピークだった事でしょう。
私も結婚が決まり平日は手伝えても
休日は母に任せっぱなしだったので大変だったと思います。






ふとホームセンターに行った時
犬の介護用オムツを見つけてからは
母のウンチ世話がなくなってとても助かりました。





その後リッキーが寝込むことが多くなってから
リッキーは玄関に移動して
発泡スチロールを床・壁に敷き詰めて
玄関をリッキーのハウスとしました。
寒くなると関節が固まるのでストレッチをして
夜はホッカイロをいくつも張って寒くないようにしてました。

Image012.jpg






寝込んでからもなるべく起き上がった状態がいいと思い
クッションで伏せの状態になるようにしたり
介護用のハーネスで歩く練習をしたり
リッキーも歩く努力をしてくれました。






そんな努力の間も老化は進み
床ずれが出来た事が一番の問題でした。
皮膚と毛がずる剥けてしまったんです。
コロコロとあっちこっちと向きを変えていたのですが
床ずれは気がつかなかったんです。

PAP_0019.jpg







床ずれが出来てからは毎日消毒と乾燥を心がけ
痛くならないように床ずれ防止用にピーズクッションを敷いたり
なるたけ軟らかい物を関節に敷くようにしました。
きっとリッキーは痛かったと思うんですが
痛くて鳴いたりもせず頑張ってくれてました。

PAP_0020.jpg







体力もなくなってしんどいのに
母が玄関を通るとふっと頭を上げて母を見るんです。
とっても穏やかなその顔が今も玄関を通ると
目に浮かぶといいます。
私も玄関を開けるとそこにリッキーが今もいるような気がします。
たまには夢に出てきてほしいのに
全然出てきてくれないんですよ 
生きていた頃の猫的性格のリッキーは
死んでもなお健在のようです 












『 今日のワンコ  ジロー編 』

P1020658_convert_20080713204434.jpg





『 今日のワンコ  さくら編 』

P1020680_convert_20080713204353.jpg












リッキーが夢に出てきてくれなくて
イジケテいる代筆者に優しくポチと
応援してやってください 
ランキング参加中 
ポチッと一つヨロシクです
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
 
スポンサーサイト
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(10)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: リッキーの事
2008.06.12/ 17:36(Thu)
こんにちは~、代筆者ことtaearcです 
今日は、この一週間旦那さんの帰りが遅く寝不足だったので
在宅待機&ウダウダ昼寝&ちょっと家事しております 

以前からさくらのダイエットと言う話をしていますが
実家の前がちょっとした広場になっていて
そこで走らせたら良いと昨日思いつきました 
(もっと前に思いつかないとこが私なんですねぇ。。。 

そこでネットショッピングでロングリードと、
さくらは体に対して頭が小さく首輪抜け防止対策として
ハーネスも注文しました 
物が到着したらまた UP したいと思います。

今日の 『そういえば』 は、そうしてた時にふっと
思い出したリッキーの "脱走" です。
P1000052.jpg


リッキーは たまぁに脱走してはなかなか帰ってこず
心配で心配でみんなして走り回って探したものです。

初めての脱走は。。。
今思い出しても笑えちゃうんですが 
リッキーは工場の番犬をやってたんですね。
朝行ったらリッキーがいない!!
どうしよう  と真っ青になってたら
坂の上から数台の車を従えてトコトコと
歩いてくるではありませんか 
もう汗かきながら従えた車の人達に謝ってやり過ごしてもらいました。
本犬的には 『ふんふんふ~ん  』な感じで
大満足の大脱走でした。

P1000100.jpg


また違う脱走では、朝出て行ったきり夕方まで戻って
来なかったんです 
そして戻ってきた時、頭に怪我していたんです。。。
他のワンコと喧嘩したみたい。
で、結果は負けらしい。
と言うのは、ションボリ帰ってきて私の膝に
頭擦り付けたまま動かないんです。
『頭噛まれたのぉ  なぐさめて~ 
一週間は落ち込んでましたね
あまりの気落ちさに大笑いでした 

最後の脱走は16歳の時、1回目に倒れて、
良くなって来たと安心してた時。
事務所で放しておいたらドアを開けた隙に出ちゃいました。
あんな体調でよく歩いていったものだと感心したものです 
思い出して涙も出ますが、この思いでは笑えてしまいます。
いい思い出をたくさんくれたリッキーに感謝です。
ジローとさくらにもそう思えるよう、そう思って貰えるよう
仲良く暮らしていきたいなと思います 




ついでにジロー君とさくらの脱走について 

ジロー君は若い頃から心臓があまり良くなく、
脱走していってもすぐに疲れ切って
帰ってきたし 放浪犬出身なので車の怖さも知ってるから
何となく脱走しても安心できたんですよね。

PAP_0022.jpg


が、さくらは今怖いもの知らず 
家のすぐ脇には電車が走ってるし。
2重3重にも対策をしないと 

P1010443_convert_20080612172348.jpg











ランキング参加中♪
ポチッと一つヨロシクです
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(20)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: リッキーの事
2008.06.01/ 16:28(Sun)
こんにちは~、代筆者の姉ちゃんことtaearcです

今日は、昨日ジロー君が回想してたリッキーについて
書きたいと思います。
リッキーは今年1月15日、19歳になる前に星になった子です。
P1000071.jpg

とても賢く可愛く従順でオヤツを待てと言ったら
こちらが忘れていても何時間でも待ってるような子でした。
工場の番犬していたので日曜日は一人ぼっちの事が多くて
それでもずっと我慢して番犬をしていてくれました。
P1000047.jpg

P1000070.jpg

17歳の冬、突然倒れ旋回、斜頸、眼振。。。
老犬によく出る病気だそうですね。
少し斜頸が残りながらも回復してそしてまた倒れ
18年の冬からは寝込む事が多くなり
玄関全部がリッキーのベッドになりました。
Image012.jpg

クルクル旋回するので床と壁じゅうに発泡スチロールの
緩衝材をあて寒くなるとストーブと毛布で暖めてあげて
硬くなる足をホッカイロで暖めながらストレッチ。
そんな姿でもそこに居てくれるだけでよかった。
情けないけど思い返しながら書いてる今も
涙が流れてきます。
18年一緒にいてくれてありがとう。


ジローとさくらこの子達がいつまでも元気で
いてくれる事が一番の願いです。


ベソかきの姉ちゃんにポチッとヨロシクです

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(6)
Genre: ペット Theme: 柴犬 Category: リッキーの事
 
 
Copyright © 2017 SIBA's ジローとさくらとたんぽぽ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。